Leaderfins リーダーフィンズのレビューと購入方法

Leaderfinsとは

Leaderfins(リーダーフィンズ)は30年以上もフィンを作り続けている歴史のあるエストニアのフィンメーカー。フィンスイミング、フリーダイビング、スピアフィッシング、ライフセービング等のフィンを制作しています。私がLeaderfinsで購入したのはロングフィン。2シーズン使用したので、レビューや購入方法等を書き留めることにしました。

リーダーフィンズ

購入したLeaderfinsのフィン

私が購入したLeaderfinsはロングフィン2組

・Stereofins Ice Fins Medium + Protective film for fins: 1 x Top and Bottom Surface
・Stereofins Cat-Design Pure Carbon Fins Limited Edition Hard

Ice Finsはグラスファイバー、Cat Design Pure Carbon Finはカーボンフィンです。

Ice Fins Medium について

Leaderfins | リーダーフィンズ
Stereofins Ice Fins Minidu + Protective film for fins: 1 x Top and Bottom Surface
Stereofinsのステレオは”左右のフィン”と言う意味、つまりビーフィンのことです。左右が独立したステレオフィンに対して一つになっているフィンがモノフィン。グラスファイバーでできたブレード部が氷のようなのような色だからICEと命名したのでしょう。フィンの硬さはソフト、ミディアム、ハードと3段階の設定があります。Ice Finsはミディアムにしました。ブレードの傷が気になるので、 Protective film for fins: 1 x Top and Bottom Surface(両面にプロテクションフィルム)のオプションを追加しています。

Ice Fins購入の明細
Leaderfins Ice | リーダーフィンズ
送料込で178.45ユーロ(1€130円の場合:約23,199円)、送料・ハンドリング費用が33.45ユーロ(1€130円の場合:約4,349円)なので、フィン本体の価格は145ユーロ(1€130円の場合:18,850円)とかなりお値打ちです。DHLで発送され、日本到着後は佐川急便がバトンタッチして運んでくれました。注文してから到着まで1週間でした。

LeaderfinsIce Fins Medium のレビュー

実際に海やダビングプールで使用してみたところ、フィンの硬さは硬すぎず柔らかすぎず、ちょうど良い感じです。ピュアカーボン製の硬さハードのステレオフィンと比べたら程よい柔らかさ。水中でキックすると結構しなりますが決してスカスカではなく軽めの力でも確り水を捉えて推進力を生み出してくれます。価格もお値打ちなので扱いにそれ程気を使う必要が無いのも良い所。フットポケットが少し硬めなので、装着するときには少しコツが入ります。石鹸水があると履きやすくなります。ちょうどよいサイズでしたがかかとが少し痛くなるので少しワセリンを塗って使っています。コストパフォーマンスが高くとても満足しています。
Leaderfins | リーダーフィンズ Leaderfins | リーダーフィンズ Leaderfins | リーダーフィンズ Leaderfins | リーダーフィンズ

オプションのプロテクションフィルム – Protective film for fins

映像のようにブレードに保護フィルムをラッピングします。プロテクションフィルムのオプション価格は片面が25ユーロ、両面で30ユーロ。そんなに高くないので両面やっておいたほうが良いでしょう。
https://youtu.be/UGavggUqORM

Pure Carbon LimitedEditioni Hard について

Leaderfins | リーダーフィンズ

Stereofins Cat-Design Pure Carbon Fins Limited Edition Hard
こちらのフィンは限定販売モデルのLimited Editionです。Limited Editionにもいろいろシリーズがありますが、私が購入したのはCat Designと呼ばれる猫の絵が描かれたフィルムをカーボン製のブレードに貼り付けられたモデルです。今はCat Designの販売は終了しています。リーダーフィンズは時々Limited Editionのデザインを更新していますのでオフィシャルサイトをチェックしていると気に入ったデザインのフィンが出てくるかもしれません。Limited Editionは、最初から柄の入ったラッピングがされているのでプロテクションフィルムの追加オプションの設定は不要です。

Leaderfinsのリミテッドエディションはこちら
限定モデルなので欲しいデザインのフィンがあったら早めに決断して購入しちゃいましょう。

Leaderfins | リーダーフィンズ
ピュアカーボン

Limited Edition カーボンフィン購入の明細
Leaderfins LimitedEdition カーボン| リーダーフィンズ
フィンを持ち運ぶためのバッグも一緒に購入しました。
Leaderfins | リーダーフィンズ
カーボンフィン本体の価格が235ユーロ(1€130円の場合:約30,550円)なので、ピュアカーボンのロングフィンとしてはとてもお値打ちです。DHLで発送され、日本到着後は佐川急便がバトンタッチして運んでくれました。注文してから到着まで11日でした。

Pure Carbon Limited Editioni Hard のレビュー

Hardだけに硬いです。ハードでも余裕でいけるだろうと思っていましたが、思っていた以上に硬いフィンでした。Ice FinsのMediumと比べると2段階位上の硬さで足に負担がかかります。パワーを入れてキックするとかなりの推進力が発生しますが、その分足に負担がかかりますので長時間遊ぶのは少し厳しいですね。ボートで水深のあるポイントまで行き、とにかく下に、深く潜るぞーって時にはとても良いフィンだと思います。1~2時間海に入りっぱなしで遊ぶ時には向いていません。特にビーチエントリーでポイントまで水面移動しているとポケットの縁が当たるところが痛くなるし、余分なエネルギーを使ってしまいます。

Leaderfins | リーダーフィンズ Leaderfins | リーダーフィンズ Leaderfins | リーダーフィンズ

Leaderfinsで2回フィンを購入していますが、注文してから商品到着まで、1回目のピュアカーボンフィンのリミテッドエディションが11日、2回目のグラスファイバーフィンが注文してから1週間でした。何れもDHLで発送。日本到着後は佐川急便がバトンタッチして運んでくれます。※注文する曜日によって多少前後する可能性があります。

オフィシャルサイトからの購入方法

Leaderfins is a manufacture which making fins for sport &…

日本語対応していませんが、基本的には
1.アカウト作る
2.希望のフィンを選んでサイズ等をチョイス
3.送り先入力
4.支払手続きを完了させる

1.アカウト作る

Leaderfinsのサイト右上のLog in
Leaderfins 購入方法
Create an Account
Leaderfins 購入方法
必要事項を入力
Leaderfins 購入方法

2.希望のフィンをチョイス

Leaderfins 購入方法

サイズの目安
39 (24.5cm)
40 (25.0cm)
41 (25.5cm)
42 (26.0cm)
43 (26.5cm)
44 (27.0cm)
45 (27.5cm)
46 (28.0cm)
47 (28.5cm)
48 (29.0cm)
49 (30.0cm)
50 (31.0cm)

今はリブ部の色も選択できるみたいです。

3.送り先入力

住所を英語で入力しましょう。英語の住所が分からない場合、JuDressで日本語の住所を英語に変換しましょう。

4.クレジットカードで決済

支払い方法は、VISA、MasterCard、Maestro(マスターカードのデビット)PayPal、Discover。日本にお住まいなら大半の方はVISAかMasterCardですね。

あとは到着を待ちましょう。

一応個人で輸入する場合でも、↓のサイトに目を通して関税のことは知っておきましょう。私は2回とも税金の請求はありませんでした。

国際郵便を使って個人輸入した時に、関税がかかる場合とかからない場合の違いはなに?

ロングフィンを購入する前に

最近、沖縄の海を潜っていると一昔前に比べてロングフィンの使用率が明らかに高くなっています。しかし、潜っている姿を見ているとロングフィンの利点を全く出せていないどころか、フィンワークが全くできていないダイバーが目立ちます。これでは素潜り、スキンダビングの楽しさも半減してしまいます。潜るシーンに適したフィンを選ぶことが重要です。

カーボンやグラスファイバーでできたロングフィンを使用するメリットは推進力。とは言ってもただ潜るだけならロングフィンでも一般的なゴムフィンでもそんなに変わりません。ある程度の深さに達すると、肺が収縮し浮力が小さくなるのでスーッと自然に落ちていくように潜れます。しかし、浮上する時にその力を発揮するのがロングフィン。5メートル位を潜る程度ならはっきり言ってロングフィンは不要です。邪魔になるし、下手な人がロングフィンを使用して浅瀬で珊瑚を折ったり傷つけてしまったら大変。運搬だって面倒ですから。

スキンダイビングやシュノーケリング、フリーダイビングやスキューバダイビング等のマリン用品はTradeinnで海外からお値打ちに購入できます。




>>Tradeinnの購入方法はこちらをご覧ください

ロングフィンのデメリット

ロングフィンはかっこいいのでついつい安易に購入してしまいがちですが、デメリットが多いことを理解しておきましょう。
・長いので運搬が面倒
・小回りしにくい
・5M位の浅いところでは邪魔になる
・珊瑚を傷つける恐れがある
・水面移動に不向き
・脱着が大変
・足に負担がかかる(ブレードの硬さによる)
・高価
・ゴムフィン、プラスチックフィンに比べてブレードが脆い

ロングフィンのメリット

・深いところから浮上する時の推進力
・大きな魚を突いて浮上する時の推進力
・デザイン

どうしてもロングフィンを使いたい

深く潜らない、大きな魚を突かない、でもロングフィンを使いたいなら、フィンキックの基礎と脚力UPのトレーニングをしてからのほうが良いかもしれません。

でも、水深10メートル位までのスキンダビングに適したフィンはGULLのミューやスーパーミューです。

ロングフィンを手に入れたら、フィンキックのトレーニング。宝の持ち腐れにならないよう、この動画のような美しいフィンキックができるように練習しましょう。