臨港道路浦添線、浦添北道路開通で利便性向上

画像追加(2018.6.25)
画像追加(2018.7.11)
画像追加(2018.12.12)

平成30年3月18日に沖縄県浦添市西洲宜野湾市宇地泊を結ぶ新たな道路、臨港道路浦添線浦添北道路が開通しました。

今回開通した臨港道路浦添線浦添北道路は、読谷村から糸満市までの約50kmを結ぶ地域高規格道路沖縄西海岸道路の一部。浦添市を通過する2つの道路(臨港道路浦添線・浦添北道路)の合計約4.5kmが新たに開通しました。

地域高規格道路とは(Wikipediaより)
地域高規格道路(ちいきこうきかくどうろ、Regional High-Standard Highways)とは、高規格幹線道路を補完し、地域の自立発展や地域間の連携を支える「自動車専用道路またはこれと同等の規格を有する道路」として指定される道路である。

臨港道路浦添線と浦添北道路が接続する浦添ICは、国道58号線を結ぶ浦添西原線(港川道路)とも接続しています。まだ一部工事中ですが浦添西原線(港川道路)も既に開通しています。那覇空港から城間まで行く時は、国道58号線のルートに加え、臨港道路浦添線→浦添西原線(港川道路)経由のルートも選択可能になりました。

空港から近くなった浦添市、宜野湾市

実際に臨港道路浦添線浦添北道路を走ってみましたが、那覇空港から浦添市・宜野湾市は西海岸道路開通前よに早く行けるようになりました。

琉球新報によりますと、国道58号線の渋滞改善効果が見られ、城間交差点のラッシュアワーの渋滞が大幅に改善されたことが掲載されています。
国道58号 渋滞改善 西海岸道路が効果 浦添・城間交差点(琉球新報)
横に一本道路ができたので当然と言えば当然ですけど、効果がはっきり見られるのは嬉しいことですね。

開通した道路を走ってみて

道路が新しい、信号が少ない、景色が良い、直線が多くカーブも緩やかでとても走りやすい道路です。つまり、スピードも出しやすい道路でもありますので、制限速度には注意しないとついつい飛ばし過ぎになってしまいます。

浦添北道路 臨港道路浦添線

※画像クリックで拡大します

浦添北道路 臨港道路浦添線
臨港道路浦添線の建設中のサンエーパルコより300メートル位南。海を見渡せるので天気の良い日はサイクリングをするのも良いと思います。
浦添北道路 臨港道路浦添線
2019年の夏に開業予定のサンエーパルコ。このサンエーパルコは浦添市の湾岸道路に面したウォーターフロントの開発エリアの目玉で、店舗面積約60,000㎡と沖縄最大の大型商業施設になるそうです。サンエーパルコがオープンしたらこの辺の道は混雑するはずです。
浦添北道路 臨港道路浦添線
臨港道路浦添線の陸側に見えるキャンプ・キンザー(牧港補給地区)。キャンプ・キンザーは沖縄県浦添市の西海岸沿いにあるアメリカ海兵隊の駐屯地です。キャンプ・キンザーは2025年以降に返還される予定です。コースタルリゾート地区として開発が進められる予定です。
浦添北道路 臨港道路浦添線
臨港道路浦添線に接続する浦添北道路(国道58号のバイパス道路。浦添北ICを境に南が臨港道路浦添線、北が浦添北道路です。カーミージーのある空寿崎(くうじゅさき)を少し北に進んだところです。小さな湾になっているところで、下は海になっています。右手に見える煙突は沖縄電力の牧港火力発電所の集合煙突です。この集合煙突は役目を終えて撤去されることが決まっています。画像も解体しているところですね。
浦添北道路 臨港道路浦添線
こちらも④の撮影ポイントのすぐ近くです。右手に見える集合住宅は、米軍の兵士寮でしょうか。
浦添北道路 臨港道路浦添線
宜野湾方面から浦添北道路を那覇市方面に向いた、牧港湾あたりです。道が良いのでスピードにご注意下さい。
浦添北道路 臨港道路浦添線
牧港湾の宜野湾側。牧港火力発電所の集合煙突が撤去工事が進んでいます。

画像追加(2018.6.25)

 浦添北道路 臨港道路浦添線西海岸道路・臨港道路浦添線
西海岸道路と城間を結ぶ港川道路 西海岸道路と城間を結ぶ港川道路西海岸道路(浦添北IC)と城間交差点(国道58号線)を結ぶ港川道路
道路は開通していますが、まだ整備中です。
建設中のサンエーパルコ 建設中のサンエーパルコ 建設中のサンエーパルコ来年の夏にオープン予定のサンエーパルコ。これができると人の流れは大きく変わり、西海岸道路の交通量はかなり増えそうです。
浦添北道路 臨港道路浦添線沖縄電力の牧港火力発電所の集合煙突撤去も進んでいます。

画像追加(2018.7.11)

浦添西原線(港川道路) 浦添西原線(港川道路) 浦添西原線(港川道路)西海岸道路と城間交差点を結ぶ浦添西原線(港川道路)
開通はしていますが、まだところどころ工事中です。
サンエーパルコ来年の夏にオープン予定のサンエーパルコ。あと1年+α、楽しみですね。

画像追加(2018.12.12)

浦添 西海岸道路 サンエー浦添西海岸PARCO CITY(パルコシティ) サンエー浦添西海岸PARCO CITY(パルコシティ)2018年12月11日に撮影した西海岸道路とサンエー浦添西海岸PARCO CITY(パルコシティ)です。そうそう、今月頭に正式にサンエー浦添西海岸PARCO CITY(パルコシティ)に名前が決まったみたいです。ちょっと長い名前なので、パルコシティ、サンエーパルコって呼ばれるのかな?

この日は変わりやすい天気でちょうど撮影した時は雨が降っていました。

サンエー浦添西海岸PARCO CITY(パルコシティ) サンエー浦添西海岸PARCO CITY(パルコシティ) サンエー浦添西海岸PARCO CITY(パルコシティ)パルコシティ、かなり形ができてきました。順調に進んでいるように見えます。パルコシティに出入りする信号交差点も準備されていました。来年の夏にはこの交差点に長蛇の列ができるのでしょう。
浦添 西海岸道路パルコシティに出入りする信号交差点?もしそうだとしたら、来年の夏にはこの交差点に長蛇の列ができるのでしょう。

国道58号線 vs. 西海岸道路

那覇空港からアメリカンビレッジまで、国道58号線を使った場合と西海岸道路を使った場合とでは、どちらが早く目的地に到着できるのでしょうか?Google Mapによると、昼過ぎの時間帯なら距離も時間も全く同じです。混雑する時間帯にもよりますが、若干国道58号線の方が早く到着するような気がします。

国道58号 西海岸道路

国道58号 西海岸道路

西海岸道路は、臨港道路浦添線浦添北道路間は、確か信号が浦添北ICの1つしか無かったので、流れはスムーズです。しかし、臨港道路浦添線に入る手前の曙、西洲(いりじま)辺りでもたつきます。サンエーパルコがオープンしたり、勢理客~城間交差点までの約2.3km区間が4車線化したら状況は変わってくるでしょう。

コンベンションセンターのアクセスもスムーズに

宜野湾コンベンションセンター
写真素材:ばんない堂(098free.com)

西海岸道路の開通によって、那覇空港から大物アーティストのライブが行われる宜野湾市のコンベンションセンターへのアクセスがかなり良くなりました。特別な混雑のない平常時で約40分のところを、9分程短縮してたどり着けるそうです。那覇空港かコンベンションセンターまで、タクシーを使うと西海岸道路開通以前は平常時で40分弱・約3,500円でしたが、時間短縮効果で少し料金が安くなるかもしれません。