かなり残念な古座間味ビーチの今

慶良間諸島と言えば、世界屈指の美しさを誇る海とサンゴ礁に囲まれた楽園です。そんな慶良間諸島の座間味島に行きましたが、とても残念な思いをしました。厳しい言い方をすると、金と時間を無駄にした最悪のビーチです。座間味島に行くなら古座間味ビーチはオススメしません。お金を使ってでもオプショナルツアーを利用してポイントまで行って遊んだほうが良いです。古座間味ビーチでがっかりする犠牲者が増えないことを祈ります。

古座間味ビーチに行くなら無人島に行くべし
楽しめない古座間味ビーチに行くなら無人島渡しの船を利用して無人島に行ったほうが良いでしょう。

古座間味ビーチ

古座間味ビーチと言えば、いろんなビーチランキングの上位に頻繁に登場する程素晴らしいビーチ…でした。高い透明度、美しい珊瑚とそれに群がる熱帯の魚。口コミ情報を見てもかなり良いことが書かれています。

2018年8月16の琉球新報の記事
トリップアドバイザーが日本のベストビーチトップ10を発表。古座間味ビーチが1位に輝きました。古座間味ビーチが1位に 国内ビーチトップ10 沖縄から7ビーチ、上位5位を独占(琉球新報)

古座間味ビーチの今

トリップアドバイザーで日本のベストビーチナンバー1に輝いた古座間味ビーチ。素晴らしいはずの古座間味ビーチですが、今の古座間味ビーチははっきり言って魅力の無いビーチでした。最高のビーチを求めて古座間味ビーチに行ったので、そのギャップがあったことも確かですが、事前にその事実を知っていれば古座間味ビーチに行くことはありませんでした。

楽しみにしていた古座間味ビーチに行ってびっくり、ブイとロープで遊泳区域が決められていて、その中でしか遊べないのです。傷んでしまった珊瑚を養生する間はこの状況が続くのかもしれません。遊泳エリアの珊瑚も疎ら、遊泳区域を出ないようウッドデッキから監視されていて、わざわざ高速船に乗って古座間味まで来る価値は無いと感じました。

古座間味ビーチ 遊泳区域

とても重要なことなのに、座間味村公式webサイトには目立たないところに小さなバナーが貼られていて、そのバナーをクリックしたら古座間味ビーチ遊泳区域(PDF)にたどり着きました。

もっと目立つように掲載するべきです!

不利な情報を小さく載せる…なんて卑怯なやり方なんだ、高速船と半日が無駄になったじゃないか!

因みに現地にもこれをプリントしてラミネートされたものが貼ってありました。

古座間味 遊泳エリア

船を予約するとき、遅くとも船に乗る前の手続きの時にでも伝えて欲しかったですねー!絶対に伝えるべきですよ。

例えるなら富士山に登山に行くも、環境保護のため5合目より上に行けませんと言われているようなものです。

水質は良いのに魅力が激減した古座間味ビーチ 水質は良いのに魅力が激減した古座間味ビーチ 水質は良いのに魅力が激減した古座間味ビーチ

こうなる前になぜ手を打たなかったのか

海を、サンゴを大切にしなければならないはずなのに、なぜサンゴの元気が無くなるまで手を打たなかったのか疑問です。観光客がサンゴを踏みつけたりポキポキとサンゴを折ったりしていることが確認できた時点でなぜ手を打たなかったのか?座間味村にとって大切な観光資源でもあるのに…。国立公園指定されているのにこのザマじゃ駄目でしょ。

規制規制で台無しにするなら他の方法を

サンゴが傷んでしまったのはサンゴを足で踏みつけたり手をついてしまったり、フィンでサンゴを蹴ってしまったりしているから。もちろん海水温が上昇して白化しているサンゴもありますが、こればかりはどうにもならないこと、今年のように台風が来るのを待つしかありません。

しつこいようですがサンゴが傷んでしまってから手を打つことが大きな間違い。そうならないようにすべきだったのです。極論を言えば人が来ないことがサンゴにとって一番良いのですが、それでは誰も楽しくないし、観光地では無くなってしまいます。

入場料制にして遊ぶ前に教育

古座間味ビーチは規制規制の割に、サンゴの大切さについてのPRが不足しています。これが一番問題だと思っています。サンゴのことに詳しくない人からすれば、サンゴは海藻のように当たり前のように自生していると勘違いしているかもしれません。

サンゴの大切さや、サンゴを絶対に傷つけてはならないとネイチャーガイドが説明し、説明を受けなければビーチに近寄らせないようにしても良いと思います。もちろんそのためには入場料を徴収しても良いと思います。富士山の入山料みたいに、一人1,000円位とっても問題ないでしょう。

シュノーケリング、スキンダイビングの講習を

サンゴの大切さを伝えても、シュノーケリングやスキンダイビングのスキルが無い人が海に入ったら、サンゴの大切さを知っていても傷つけてしまう恐れがあります。初心者向けのスキルアップのプログラムが合っても良いと思います。遊泳区域を設けた理由の1つに事故防止もあるようですが、これも規制規制で何もかも台無しにする日本の悪しき習慣です。こんなしょうもない規制をしていたら、海で存分に楽しめるスキルを持っている人が、浮き輪でプカプカ水面に浮いる人と同じ環境で遊べってことですよね。

座間味村はこの事実を船に乗る前に伝えるべき

座間味島に観光に行く人が全員が古座間味ビーチに行くわけではありませんが、メジャーなスポットですよね。楽しみにしていた観光客の気持ちを踏みにじるような行為は絶対に避けるべきです。もう二度と座間味村には行きたくないと思ってしまいますよ。

古座間味ビーチ
せっかく高速フェリー ざまみ3を使って座間味島に行ったら残念な古座間味ビーチに行くよりも無人島に行ったほうが良さそうです。